バジルのCOJブログ(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バジルのCOJブログ(仮)

COJのカード情報や気になったことをきままに

やっぱり混んでいるなぁ。

皆様お疲れ様ですー。

 

さてさて、ver2.01は楽しんでいるでしょうか?

 

やっぱり新弾が出たということもありこちらのゲーセンは満員御礼となりました。

 

どうにかプレイすることはできましたが待っている人もいたので、無料分だけプレイしてその後はプレートを買っていました。

 
f:id:baziru1732:20160808001426j:image

 

やっぱりアテナはカッコいいですねー!

 

とりあえず、早くマイスター称号を獲得して付け替えたいものです。

 

 

という訳でゲーセンをでた後は家で偽典女神転生のプレイ動画をみていました。

 

以前亡霊を呼ぶ街の記事で少し紹介したアリスですが、こちらの偽典女神転生にも登場します。

 

内容としては真・女神転生のアリスよりもこちらの方が心にくるものがあります。

 

真・女神転生では赤おじさんと黒おじさんことべリアルよネビロスが登場しますが、こちらは本当に一人ぼっちで王子様(主人公の仲間)をとられたことで暴走し主人公に襲いかかってきます。

 

決着がつくとアリスは人造人間で既に活動限界が過ぎており、あれはアリスがただ幸せな毎日を過ごしたかったという幻であったことわかります。

 

その時の主人公の仲間がいう「彼女は精一杯…生命の躍りを舞ったんだ。仮初めの命でも、彼女は見事に舞い遂げたんだよ…」という台詞がグッときますね。

 

その後アリスは永久機関を持って修復されますが、ただ与えられた役割を演じるだけの機械人形となってしまいます。

 

寿命があることで生きたいと願い感情が芽生えたアリスと、無限の命と引き替えに感情を失ったアリス…果たしてどちらが幸せなのでしょうね。

 

なお、偽典女神転生はエログロが凄まじく今でたらR18は免れない作品なので視聴しようと思った人は注意しましょう。

 

分かりやすいものであればヒロインが解体されてそれを悪魔が捕食するシーンがモザイクなしの1枚絵で描かれたりします。

 

まぁ、COJの話はプレイできていないのであまりできませんが、偽典女神転生に登場する葛の葉が新しい神獣として登場するといいかもしませんね。

 

という訳で、本日の記事を終わりにしたいと思います。

 

それでは最後に

楽しいカードゲームライフを!