バジルのCOJブログ(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バジルのCOJブログ(仮)

COJのカード情報や気になったことをきままに

今までのデッキの改良版

皆様お疲れ様ですー。

6月も序盤が過ぎて、梅雨入りとなりました。

梅雨はじめじめしていて辛いですからねー、体調管理には気を付けましょう。


昨日のデッキ紹介記事を作成した後、夢だと思ったものが夢でさらにそれも夢という悪夢を見るわ、左腕が一日中痺れるわと散々な一日となりました。


そのため、供養も含めてver2.0に入ってから作ったデッキの改良版のご紹介です。

なお、ぐるぐる海洋と命名した海洋デッキは色々と研究されているのでこちらは扱いません。

なので「光と闇が備わ(略)」と「虫ブリギッド」の改良版のご紹介となります。

光と闇が備わ(略) 

f:id:baziru1732:20160606233902j:image
あんまり活躍の場面がなかったスピリットを抜いて更にルシファーとアザゼルの枚数を減らし、黄色ユニットの追加とイフリートを採用しました。

先行の場合オータムロイド、後攻の場合マスティマ&軽減用紫ユニットがおすすめです。


力の暴走はマスティマと組み合わせて使用します。

意外と活躍の場が広くアマテラスやプロメテウスは勿論ですが、こちらのLV1イフリートと相手ユニットを選択することでこちらは紫ゲージ+2、相手はマスティマを除去しないとターン終了時に破壊と結構面倒なことになります。

溜まった紫ゲージはルシファーに使用して高得点を狙いましょう。

こちらの相手はCPUなのでなんとも言えませんがマスティマが落ちると色々と展開に影響が出てくると思うので、場に出すのは1体だけにして後は重ねずに手札に温存させた方がいいかもしれません。

虫ブリギッド

f:id:baziru1732:20160607004050j:image
思ったよりトリガー発動回数が稼げなかったので、ターニングポイントと文明崩壊を投入しサーチ系トリガーの枚数を調整しました。

アレスは加護持ちの黄金蝶と不滅のドラゴンゾンビ対策としていれています。

トリガー発動回数は残念ながらそこまで増えませんでしたが、文明崩壊を採用することで上手く行けば後攻3ターンKOを狙うことができるようになりました。

2ターン目で2点、3ターン目で5点という流れになりますが流石にそう上手くはいかないですけどね。

最後に

今まで作成したデッキの改良版のご紹介となりました。

光と闇が備わ(略)はルシファーの攻め・アマテラスの守りとまさに光と闇が備わって満足できるデッキとなりました。

ただ、良くも悪くも王道のコントロールデッキなので、異様な速度や動きをしてくるデッキの対応は厳しいかなぁと思います。


虫ブリギッドは早くプレイヤーアタックを回数を稼ぐというコンセプトにしましたが、本当に急ぐのであればライフ回復ギミックを入れたデッキで相手を延々と叩いた方がいいのかもしれませんね。


ブリギッドやレヴィアタンは既に評価がされてきていますが、マスティマも相当に強力なので興味を持った人は使ってみてはいかがでしょうか。


これでデッキ供養は終わりましたが、正直書いている今でも左腕の痺れがとれません…

鎮まれ…俺の左腕…!とか言ってないで病院にいった方がいいのかもしれませんね。

という訳で、本日の記事を終わりにしたいと思います。

それでは最後に
楽しいカードゲームライフを!