バジルのCOJブログ(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バジルのCOJブログ(仮)

COJのカード情報や気になったことをきままに

カード紹介『断罪のメフィスト』

皆様お疲れ様ですー。

結局途中で疲れからか寝てしまい、書く時間がこんな感じになってしまいました...


明日も早く起きたいのでさっと書いたら寝ちゃいますかね。

というわけで本日はワンショットのお友だち『断罪のメフィスト』のご紹介です

断罪のメフィスト

f:id:baziru1732:20160406021910j:image
©SEGA

効果『断罪の大鎌』

このユニットがフィールドに出た時、このユニット以外の全てのユニットを消滅させる。あなたは3ライフダメージを受ける。対戦相手のフィールドにユニットが3体以上いる場合、あなたはさらに2ライフダメージを受ける。

フレーバーテキスト

存在そのものを否定する、断罪の大鎌を持つ悪魔。罪を刈り取るその大鎌は、術者の命をも蝕む強大すぎる力を持っている。

感想

COJで一番ぶっ壊れているカードは?と聞かれたらまずこのカードを挙げるでしょう。

弱終末の日内蔵ユニットで1コスBP7000という破格すぎるカードです。

一応終末の日がそこまで人気のインターセプトというわけでもなく、進化ユニットということで人の業にひっかかるなど問題がないわわけではありませんがそれを加味しても十分強力です。

有名なワンショットとしてライフ1の時に発動できる一筋の光明でわらわらとカードを引かれ、マネーゲームでCPを補充し、あわだっくんなどで行動権を回復し、あわだっくんをメフィストに進化させてさらにアタックをしゲームセットを狙うという恐るべきカードです。

特に今回の弾でライフが相手より少ないときにCP1+カード1枚ドローの幻想のメロディーの登場でさらに強化されました。

最近はアスタロトなどの消滅効果耐性持ちのユニットなども登場しており、万能除去としてはやや不安が残りますが、やはり1コスで消滅ver毘沙門が打てるというのは破格でしょうね。


フレーバーテキストの通り、すごい勢いでプレイヤーのライフを削るので、ワンショット以外にもイベントのスーサイドデッキなどでも見かけるカードです。

良くも悪くもCOJの中において規格外のカードと言えるでしょう。

神話での活躍

本名はメフィストフェレスといい、ドイツのファウスト伝説に登場する悪魔です。

ファウスト伝説はとても人気があり、様々な著者がその作品を書きましたが中でもゲーテファウストが有名です。

ゲーテの作品ではすべてのことを知ったが結局何もわからなかったことに絶望していた老いたファウストの前に登場し、ファウストを若返らせる代わりに人生で最高の幸せを感じた時、代償としてその命を貰うという契約をします。

その後、ファウストは様々な経験をしますが、ファウストが幸せの絶頂と感じたのはメフィスト達がファウストの墓を掘っている音を人々がつるはしで建物を建てていると勘違いしたときでした。(このときファウストは灰色の霊により失明したため音でしか判断ができませんでした。)

なんで建物なんかで...という人もいるかもしれませんが、これは未開拓の土地を手にしたファウストが、人々が自分達で考えて行動しその行動を導いた自分に感動したためです。

その時に有名な時よ止まれ、お前は美しいという言葉をいいメフィストに魂を奪われてしまいます。(なので時よ止まれという言葉にはこの一瞬が永遠に続いて欲しいというニュアンスがあるようです)

しかし、その後グレートフェンの祈りによりメフィストが奪ったはずの魂は天界に奪われファウストは一応は救われて終わりとなります。

ファウストが死ぬまで長い間メフィストは色々と頑張っていたのに、最後は神様がいいところを持っていってしまうというのは今の時代だったら色々と文句が言われそうですね。

もちろん作品によってはメフィストがそのままファウストの魂を奪ってしまうというのもあるみたいですけどね。

興味がある人は色々と調べてみるのもいいかもしれません。

アニメ・ゲームでの活躍

水木しげる先生の作品『悪魔君』では仲間として登場し、あんまり乗り気ではないですが結局は助けてくれるという結構面倒見のいいキャラとして登場していました。

まぁ、悪魔君を見ていたのがかれこれ20年前くらいだったのでたしかそんな感じだったかなという感じですけどね。


ゲームでは『女神転生4 final』のDLコンテンツで戦える悪魔として登場します。

主人公と契約しハワイにつれていってくれますが、時よ止まれ、お前は実に美しいという選択肢をとると戦闘になります。

さすがにDLコンテンツ悪魔というだけあり非常に強力で油断しているとダークフィアー(ファウスト専用で単体闇属性最強攻撃)やヘイトグロウ(ファウスト専用で闇属性の耐性があるほどダメージを与える全体万能攻撃)で一瞬でやられてしまいます。

一応難易度設定で楽園を設定すれば、ダークフィアーのダメージも弱点でなければ200程度に押さえられるので手っ取り早く解禁したい人は楽園で戦ってみるといいでしょう。(それでも相当ライフがあり、イベントで補助が切れるのでアイテムや仲間の充実などは必須ですが)

まぁ、召喚に要求されるレベルが99と非常に高いため、早めにとってもあまり意味がないのでおすすめにかいてある通りゲーム最終版で入手した方がいいでしょう。

最後に

いやはや、中々更新できず申し訳ありませんでした。

とりあえず、神話の情報はかじった程度の意見しか書いていないので結構ミスがあるかもしれません。

興味がある人は自分で色々と調べてみるのもいいかもしれませんね。


しかし、よく~弱体化してという意見を聞きますがメフィストを弱体化してという意見は殆ど聞きませんね。

このカードが後続のカードに与えた影響は計り知れない部分があると思うので、むしろこのカードこそ弱体化して欲しいと言う意見が大量に出るかなーっと思ったんですけどね。

勿論、こちらはメフィストが大好きなのでそのような意見が出ないことにとりあえず安心しています。

しかし、メフィストやかーばん君、クリスなど黄色にはゲーム性をぶっ壊すカードがちょくちょく出ますねー。

神罰のネメシスのフレーバーテキストなどもあり、黄色担当の人は何かにとりつかれているのかもしれませんね。

ちなみにこちらは上記のカードはすべて大好きなので今後も黄色担当の人を心から応援していきたいと思います。

というわけで本日の記事を終わりにしたいと思います。

それでは最後に
楽しいカードゲームライフを!